薬価が高いクスリ

ジスロマックとは、細菌を殺すクスリで、主にクラミジアなどの性感染症の治療に用いられます。
性感染症は、人から人へとうつり、感染者を増やしてしてしまいます。
日本ではクラミジアの感染者は100万人に達すると言われ、身近な感染症と言えます。
セックスやオーラルセックスで感染するので、感染した場合、感染拡大を防ぐためにセックスなどの性行為は控えるようにしてください。
また予防として、コンドームの着用をすれば感染の確立を下げることができるので、セックスと時は念のためコンドームの着用をしてください。
含まれている成分はアジスロマイシンと呼ばれる成分で、服用することによって原因菌に高い殺菌作用を示します。
なので、1回服用しただけで、効果が7日間続き、治る確率は90パーセントと高い効果を持っています。
服用にあたって注意が必要な人は、何らかの持病があったり、アレルギーがある方は医師に相談してください。
また胃腸薬などと一緒に服用するとクスリの吸収を悪くしてしまい、十分な効果が発揮されない場合があります。
他にも、強心薬などと併用してしまうと作用が増強し、副作用の発現率が高くなるので、注意が必要です。
副作用には、吐き気や下痢、胃痛などの胃腸に症状がでます。
なので服用方法を通常は1回500ミリグラムを2錠の服用となっていますが、胃腸が弱い方は、1日1錠で3日間服用すれば、副作用を抑えることができます。
このクスリは新薬であるために非常に値段が高く、治療費の負担が大きく、経済的にきつい方もいらっしゃいます。
なので、後発薬であるジスロマックのジェネリックであるアジーがおすすめです。
含まれている成分や効果は変わることなく、同様の効果が期待でき、薬価が半額近くになっているクスリです。
薬価が安い理由は特許が切れているからです。
インターネットなどでも個人輸入代行業者から購入することができますので、薬価が高いと感じている方は、ジェネリックであるアジーを購入してみてください。