クラミジアにはクラビットという薬も有効で、幅広い細菌に効果がある為万能薬と呼ばれています。

性病はジスロマックやクラビットで即治療。放置厳禁!クラミジア

クラビットとは

クラビットとは

クラビットは、幅広い細菌に効果のある抗菌薬です。成分はレボフロサキシンで、副作用が少ない為、幅広い症状に利用されています。その為、万能薬とも呼ばれており、クラミジアや淋病などをはじめ、様々な細菌に効果があります。

作用

クラビットはニューキノロン系に分類されている抗菌薬です。従来の抗菌薬に比べ、抗菌力が高く、内服薬では治療が困難とされていた難治性の感染症にも効果を発揮します。症状によって用量は異なりますが、クラミジアの場合、1日1錠、10日から14日程度服用するだけでほぼ完治すると言われています。

クラミジアなどの原因となる細菌は、自身のDNAを複製する事で増殖します。クラビットはその増殖を阻害する作用があります。細菌のDNAの複製に関わる酵素を抑え、抗菌作用を発揮します。

副作用

副作用

クラビットは副作用は少ないとされていますが、発疹、下痢が出る場合があります。酷い場合は医師に相談しましょう。また、光線過敏症を起こす場合もあります。長時間の直射日光はなるべく避けるようにしましょう。フェニル酢酸系、プロピオン酸系の内服薬、抗結核薬などの薬は併用する場合は注意が必要です。

服用の注意

また、妊娠中の方、授乳中の方、15歳以下の方は服用は禁止されています。高度腎機能障害のある方、てんかん、けいれん性の病気、重症筋無力症、重い心臓病のある方は服用に注意が必要になります。高齢者で衰弱している方も服用には注意し、医師に相談しながら服用するようにしましょう。

その他の効果

クラミジア以外には、インフルエンザの合併症の予防、外科手術の二次感染の予防、肺炎、腸チフス、咽頭炎、喉頭炎、扁桃炎、管支炎、外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎、涙嚢炎、麦粒腫、瞼板腺炎、急性膿皮症、慢性膿皮症など、様々な治療に使われています。もしもの時の為に常備しておけば、クラビットは心強い味方となってくれるはずです。

副作用

クラビットは病院に行かずに通販で購入する事もできます。ジェネリックも販売されているので、時間がない方や安く購入したい方は、是非検討してみましょう。