ジスロマックは、クラミジア以外にも様々な効果があります。常備薬として持っておきましょう。

性病はジスロマックやクラビットで即治療。放置厳禁!クラミジア

ジスロマックの意外な効果

ジスロマックの意外な効果

ジスロマッククラミジアなどの性感染症の治療に多く利用されるマクロライド系の抗生物質です。非常に様々な感染症に効果があり、常備薬として持っておけば何かあった時も安心です。内科をはじめ、耳鼻科、呼吸器など、様々な科で多く使われています。クラミジアなどの場合は、1回服用するだけで7日も効果が続くので、飲み忘れなどの心配もありません。効果が高い薬ですが、副作用は少ないとされ、妊娠中の方や子供でも服用できる安全な薬です。一家に1つあれば、家族全員が利用できます。

ジスロマックは病院に行かずに通販で購入する事もできます。クラミジアなどの場合は病院に行くのが恥ずかしいという方も多いかもしれませんが、通販なら秘密で購入する事ができます。また、ジェネリックのアジーも販売されていて、効果や成分はジスロマックと同じです。安く簡単に購入したいという方にはアジーもお勧めです。

安く簡単に購入

ジスロマックの主な効果は、下記のようなものになっています。

殺菌、静菌効果を発揮する菌

項目アジスロマイシンに感性のブドウ球菌属

項目レンサ球菌属

項目淋菌

項目肺炎球菌

項目レジオネラ・ニューモフィラ

項目ペプトストレプトコッカス属

項目モラクセラ・カタラーリス

項目インフルエンザ菌

項目マイコプラズマ属

項目プレボテラ属

項目クラミジア属

治療効果を発揮する病気、症状(適応症)

治療効果を発揮する病気、症状(適応症)

項目深在性皮膚感染症

項目リンパ管炎

項目リンパ節炎

項目喉頭炎

項目咽頭炎

項目肺膿瘍

項目扁桃周囲炎、扁桃周囲膿瘍を含む扁桃炎

項目急性気管支炎

項目肺炎

項目子宮頸管炎

項目骨盤内炎症性疾患

項目慢性呼吸器病変の二次感染

項目尿道炎

項目顎炎

項目中耳炎

項目副鼻腔炎

項目歯周組織炎

項目歯冠周囲炎

なお、症状によって用量は異なります。中途半端な飲み方をしてしまうと、逆に病原菌の耐性を高めてしまう危険もあります。症状が少し改善したからと言って、自己判断で量を減らしたり、飲むのを中止したりしないようにしましょう。完全に病原菌を死滅させる事が最も大切なので、用法用量は必ず守り、服用の際の注意も守るようにしましょう。